性格が悪い職場の女性の対処法

誰でも和気あいあいと仕事ができればそれに越したことはありませんが、中には性格の悪い同僚女性に悩まされている女性もいるでしょう。職場では、同じ時間を同じ人と一緒に過ごします。

性格の悪い人がいれば、仕事の気力まで失われてしまうことがあります。
しかし職場の人間関係は、付き合い方を少し変えるだけで対処法がつかめてくることがあります。

性格の悪い同僚女性とはできる限り離れる

同じ職場であっても、全員と仲良くするわけにはいきません。
真面目な女性ほど「全ての人に合わせるべきだ」と考えてしまいがちですが、実は仕事といっても無理に性格の合わない人に付き合う必要はないのです。

物理的な距離を置くことで、感情的なしこりを少なくしていくことができます。関わらないという決意を持って淡々と過ごすなら、相手もそれほど無理に絡んでくることはしないものです。

気持ちが動揺していると、性格の悪い人にその弱さをつけこまれる可能性があります。
「何を言われても性格の悪い人とは関係しない」と自分の心の中で宣言してみることで、しっかりした決意が生まれるでしょう。

性格の悪い人は自分だけではなく他の人にも同じことをしている

もちろんコンビを組んで仕事をしている同僚女性の場合や、仕事を教わっている先輩女性の性格が悪い場合などは、離れたくても離れられないということもあるでしょう。
その場合も、あくまで「職場の仕事上の付き合い」という意識を強く持つことが対処法になります。

この人と仲良くしなければいけないという思いが強すぎると、逆に行動がぎこちなくなってうまくいかなくなることがあります。
仕事上で必要なコミュニケーションはとっても、それ以外については無理して関わろうとする必要はありません。

また、性格の悪い人は他の多くの同僚に対しても似たような行動をしているものです。自分だけが辛く当たられていると思えば腹立たしい気持ちが湧いてきますが、実はそうではなく、元々がそういったタイプなのです。元々こういう人なのだという割り切りも必要です。

そのことによって感情的なわだかまりが薄れていくため、苦痛に感じていた相手がそれほどでもなく感じられていくことがあります。

職場は仕事をする場所という意識を大切にする

職場には常に仕事があります。自分自身も、抱えている仕事がたくさんあり、他の誰もがそうです。性格の悪い人に気持ちがとらわれていると、仕事という本分を忘れてしまいがちになることがあります。

優先順位を改めて自分の中で意識することが必要であり、自分の仕事をこなすことが最も大切です。そのことが集中力を高め、性格の悪い人を気にしてしまうという悪循環から抜け出す対処法になります。

またその前向きな姿勢が、職場には性格の悪い女性はごく一部で、多くの女性はそんなことはないということを改めて意識できます。「自分の味方」をしっかり意識することも、苦手な人に振り回されないために重要な視点です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする