女子会の話題が悪口・愚痴ばかりでうんざり…

10数年ぶりに再会した友人Aに飲みに誘われた。
女子会というやつだった。初めましての人もいれば、久しぶりという人もいた。その日は平和に飲み会が終わったと思った。

しかし、そう思っていたのは私だけだった・・・。

女子会は、その場にいない子の悪口大会

数日後、Aから連絡がきた。共通のCが連れてきたDに腹が立って仕方のない様子だった。
CはDとも仲良くして欲しいと言ったらしいのだが、Aは先日の飲み会で傷つけられ、とてもじゃないがこれ以上お付き合いができないと言うのである。それならばCにその思いを素直にぶつければいいとアドバイスをした。

この件は特に巻き込まれることなく終わったと思っていた。

1ヶ月後、またAに女子会に誘われた。その日は前回の飲み会で一緒だったBと3人で行われた。しかし、相変わらずDの話ばかり。 そこにBも参戦。 さらにCの悪口まで言い始める始末。それだけならまだしも日頃の鬱憤を吐き出すかのような愚痴大会。

一緒に悪口を言うように促され…

聞くだけでもしんどいのに「あなたも話しなさいよ」といった感じで促される。
これが女子会というものなら二度と女子会になんて参加したくないと思った。

しかし、悪い話ばかりではなく、Eという友達を紹介してもらったのは、私の人生に新しい風が吹かせた。AやBを放置して、私はEと仲良くなっていく。ふと忘れた頃、またAから女子会のお誘いがきた。

その時にEの悪口を言い出す。女子会に参加できない理由に腹が立つとのことだった。参加できない理由は人それぞれだろう。相手のいないところで悪口を言う姿はまるで10代の女子ようだった。

悪口や愚痴ばかりの女子会仲間とはさよなら

ある日、Eとゆっくり話す機会があり、実は以前から強制的な女子会が企画され、その度に悪口や愚痴を聞くはめになり、Eは少しずつ距離が広がっていたとのことだった。目に余っていたのは私だけではなかったらしい。どうしてそれほどまで人のことを悪く言えるのか。もっと優しい気持ちになれないのか。それをぶつけられたとしても、悪口や愚痴が生き甲斐になっている人には伝わらない。

そして私はシャットアウトした。

まずはSNSでの繋がりを切る。そうすると相手もわかってか連絡をしてこなくなった。恐らくすごい悪口を言われているだろうと思うが、この先会わなかったとしても私の人生には何も支障はない。それに悪口や愚痴のある世界に身を置くことの不健康さほど人生に不要なことはない。

私の中ではこれが女子会のイメージなってしまったのが不本意であるが、きっともっと楽しくて笑顔が絶えない女子会だってあることを信じたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする