見下してくる女友達の心理とかわし方

女友達の見下してくるような態度は、どんな女性も不快を感じるでしょう。
どうしてそんな態度をとるのか、相手の意図が読めずに悩んでしまいます。
事前に相手の心理を理解しておけば、正しいかわし方や対処方法ができるものです。

女友達の元々の性格が見下してくる態度になっている場合

元々性格的にそのような傾向のある女友達なら、本人は見下すような悪気を持っていない場合が多いです。
自慢が多い人と接するとまるで自分が見下されているように感じることがありますが、えてして相手にその意図はありません。

それと同じことで、本人は単に性格的傾向をそのまま出しているだけで、他人を見下す気持ちは特にないことがあります。

一時的に満たされない状況で気分を発散したい心理

前はそうでもなかったのに急に態度が変わったような場合もあります。
その場合は本人に何か満たされないものがあって、他人を見下す態度になる心理に陥っていることもあるでしょう。

例えば恋愛がうまくいっていないとか、仕事に不満があるなどの事情で、つい親しい相手を見下してしまう態度になってしまうのです。
それもまた悪気があるわけではなく、一時的な状況と考えていいでしょう。
時間が経てば態度は収まってくることが多いです。

手なかわし方はとにかく相手にしないこと

いっそう問題なのは見下してくる態度がひどく、他人を不快にしていることを自覚しているのにそれをやめない場合です。
一つには、他人を見下すことによって、自分自身のプライドを保とうとしていることがあります。

自分自身の劣等感を隠そうとする心理も働いているのでしょう。

相手よりも自分の方が優位と思い込むことによって、自分の自信のなさを隠そうとしているのです。
自分自身の心理的なバランスが常にとれていないことが、そんな態度につながっていると考えることもできます。

そのような場合は、こちらがイライラして反発すると、逆に本人はますます自分の正当性を主張しようとして、見下してくる態度に拍車がかかる場合もあります。

上手なかわし方としては、こういう場合はとにかく相手にしないことです。
反応してもらえないということは、自分の行動の意味が感じられなくなるので、少しずつそんな態度を控えるようになっていくでしょう。

おだてるのも心理的に逆効果

「まさにそうだ」などと、変にその女友達を持ち上げることもよくないです。
逆に調子に乗って増長させることになっていく可能性があります。
同意もせず、否定もせず、そのことについてはとり合わないという姿勢を貫く必要があります。

こちらが適切な態度やかわし方をしていけば、必ず相手の態度にも何らかの変化が期待できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする