ネガティブ発言が多い女友達ってどうするべき?!

誰でもネガティブ発言をしてしまうことはあるでしょう。物事を悪い方に考えてしまい、それが言葉になって出てしまうのです。ただ、あまりに頻繁になれば、聞いている周りが疲れてしまいます。

心の持ち方と対処法の確立でネガティブ発言に負けないようにする

ネガティブ発言が多い女友達がいたら、自分まで暗い気持ちになってしまうこともあるでしょう。そんな場合でも、自分の心の持ち方や相手への対処法を確立しておけば、必要以上に疲れることはなくなります。

相手のネガティブが一時的な場合の対処法

何かの一時的な事情で女友達がネガティブになっている場合は、相手を励ましてあげることでネガティブ発言が少なくなっていくことがあります。自信喪失がネガティブ発言につながっている場合が多いため、自信をつけさせてあげることが効果的な対処法です。

「私はあなたの味方だ」ということを態度で示すことで、相手は安心感を持ちます。

但し、強制的に相手をポジティブにさせようとすると逆効果になることがあります。
あくまで自然な形で、相手が自信を取り戻せるように促していくことが大切です。

相手の元々の性格がネガティブな場合の対処法

相手の元々の性格が物事をネガティブに考えるタイプの場合は、一時的な対処法ではうまくいかないことも多いです。こちらの側で、ある程度相手の性格を受け入れる必要があります。

そこで大切になるのは、自分の気持ちの持ち方です。

相手の性格を強引に変えようとすると、ネガティブ発言はさらに多くなっていくものです。
また、努めてこちらがポジティブ発言をしても、その発言に対してまたネガティブな発言で返されることもあります。

相手はそれほどの気持ちではない時でも、ネガティブ発言が心の癖になって、思わず口をついて出てしまうのです。一つ一つの言葉に過敏に反応してしまうと、自分までネガティブな気持ちが連鎖してしまい苦しくなります。

自分とは違う相手の性格を、そのまま認めることも必要です。その上で、相手の発言に左右されないように自分の心の持ち方を強化する必要があります。ネガティブ発言が多い女友達が何か言っても、聞き流す心の余裕を大切にしていくべきです。

自分の心の安定が相手のネガティブ発言を封じることにつながる

相手のネガティブ発言があまりに多く、それが気になって仕方がない場合は、深い付き合いを一時的に控えてみることも必要かもしれません。

適度な距離を保つことで、相手の馴れ馴れしさが消え、態度が変わることもありえる話です。
自分自身は明るい気持ちを維持することで、暗いものに負けない雰囲気を大切にしましょう。
相手を変えようとしないで、自分の心の安定を保つことで、その雰囲気が相手に伝わり結果的に相手が変わっていく可能性があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする