表裏がある女の特徴

人前では良い顔をしているのに、1人になったら悪態をつく。

本人の前ではニコニコしているのに、その人がいなくなったらため息をついちゃう。
そんな裏表がある女って怖いですよね。どれが本心かわからないので安心して付き合えません。

気をつけたい表裏がある女の特徴をまとめてみました。

裏表がある女は、ふとした瞬間が怖い

表裏がある人は基本的にはいつもニコニコして、良い面だけを見せています。
しかし、さすがにずっとは無理があるのか一瞬怖い表情を見せることがあります。

そんな表情を目撃してしまったら要注意です!

また、ついボソっと本音を零すこともあります。どちらも一瞬の隙で裏の顔が登場するシーンなので、なかなかお目にかかれませんが普段が良い子なだけにそのギャップで怖さ倍増です。

思わず顔や言葉に出てしまうくらいなので心の中ではどれほどの悪意が渦巻いているかわかったものではありませんね。

男の前では表情が違う

男の前と女同士でいる時の表情が違う女も裏表が激しいといえるでしょう。
この場合は女からは裏の顔が丸わかりなので大した危険はありませんが、腹が立つことは間違いないでしょう。

ぶりっ子も駆使してくるので男受けは良いかもしれませんが、女側からは大ひんしゅくです。しかしそんなことにはお構いなしで、男に媚びるのが裏表のある女の特徴といえるでしょう。

こんな女に騙されるのは「馬鹿な男だなあ」と思ってしまうので、こちらが裏の顔を見せてしまいそうです。

裏表がある女は孤独なタイプになりがち

裏表がある女はいつも他人の顔色をうかがって、嫌われないようにしているという特徴もあります。自分を押し殺して他人に合わせているうちに自分の本心とは違う言動ができるようになってしまったとも言えるかも知れません。

裏表があって好かれることなどほとんどないので、独りでストレスを抱えてしまって泥沼に陥っていくという部分もあるようです。

感情表現が苦手とも言えて、少し可哀想な背景もあるのかも知れません。

完ぺき過ぎるほど注意?

世の中に完ぺきな人などそうそういません。しかし裏表のある女は、そこに近づけようとしてきますので、素の表情さえ見逃してしまえばほぼ完ぺきな場合があります。

ちょっと極端かもしれませんが、この人は性格も良いし男性にも女性にも好かれて完ぺきだなと思えたら、演じている可能性も無きにしもあらずです。

逆にちょっと至らない部分があったくらいの方が人として信頼できるかも知れません。

裏表がある女かどうかは、友達付き合いをしていけばなんとなくわかるでしょう。誰しも多少の裏表があることは否めないの、あとはその激しさの問題です。あまりに激しい人はちょっと信頼し辛いのでお付き合いは考えて方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする